第3回 貸金業務取扱主任者資格試験 過去問題について:株式会社ディ・ティ・エスインベストメント

文字の大きさ変更: [普通] [拡大] [特大]

第3回 貸金業務取扱主任者資格試験【問題 47】

  • 金融分野における個人情報保護に関するガイドラインに規定する個人データの第三者提供の制限に関する次の①~④の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。
個人データの提供が制限される第三者とは、個人データを提供しようとする個人情報取扱事業者及び当該個人データに係る本人のいずれにも該当しないものをいい、自然人、法人その他の団体を問わないとされている。
金融分野における個人情報取扱事業者は、個人データの第三者提供について本人の同意を得る際には、原則として、書面によることとし、当該書面における記載を通じて、個人データを提供する第三者、提供を受けた第三者における利用目的及び第三者に提供される情報の内容を本人に認識させた上で同意を得ることとされている。
金融分野における個人情報取扱事業者が、個人信用情報機関に対して個人データを提供する場合は、個人信用情報機関を通じて当該機関の会員企業にも個人データが提供されることとなるため、個人データを提供する個人情報取扱事業者又は個人信用情報機関から個人データの提供を受けようとする会員企業のいずれかが本人の同意を得ることとされている。
個人情報の保護に関する法律第23条第2項に規定する「本人が容易に知り得る状態」とは、例えば、事務所の窓口等での常時掲示もしくは備付け、又はインターネットのホームページへの常時掲載等のように、本人が知ろうと思えば、時間的にも、その手段においても、容易に知ることができる状態をいい、金融分野における個人情報取扱事業者は、自らの金融商品の販売方法等の事業の態様に応じた適切な方法により、継続的な公表を行う必要があるとされている。
[参照条文]
個人情報の保護に関する法律第23条第2項
個人情報取扱事業者は、第三者に提供される個人データについて、本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止することとしている場合であって、次に掲げる事項について、あらかじめ、本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置いているときは、前項の規定にかかわらず、当該個人データを第三者に提供することができる。
1.第三者への提供を利用目的とすること。
2.第三者に提供される個人データの項目
3.第三者への提供の手段又は方法
4.本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止すること。
次の問題へ 問題の答え
問題一覧へ戻る
各種ローン
動産・古物ローン
知的財産ローン
店舗設備・営業権ローン
ビジネスローンローン
有価証券・手形割引ローン
ファクタリング
中国美術骨董買取り・融資
無料相談
無料査定
お申し込み
必要書類・諸経費
アクセスマップ

業者選びのポイント

不動産ローン
不動産担保ローン
無担保ローン
競売ローン
つなぎローン
リバースモーゲージ
不動産おまとめローン
無担保おまとめローン

モバイル用QRコード
QRコード画像
http://www.dts-japan.com/i/


(株)ディ・ティ・エスインベストメント
〒101-0061 [ 地図はこちら ]
東京都千代田区三崎町 3丁目3番20号
スカイワードビルディング 7階
TEL: 03-3222-9666 (代)
FAX: 03-3222-9669
フリーダイヤル: 0120-048-213

- 貸金業登録 -
東京都知事(5) 第26345号
- 日本貸金業協会会員 -
第003602号

  • 日本貸金業協会ロゴ
  • 貸金業務取扱主任者試験
  • 改正貸金業法
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 貸金業:総量規制等概要
  • 顧客管理保護方針
  • 反社会的勢力による被害の防止のための基本方針
  • 骨董品・美術品・貴金属の買取・査定-水道橋美術會

【業務可能地域】

日本全国対応いたします。
特に東京都内23区及び一都三県 札幌市 盛岡市 仙台市 水戸市 名古屋市 神戸市 広島市 大阪市内 高松市 福岡市などの不動産は金利や担保評価など最優遇いたします。
その他お気軽にご相談ください。


【外部リンク】

  • 2社間契約対応のファクタリング ライジング・インベストメントマネジメント